徳川家康の祖父松平清康、三河統一するも不運な一生を終える

今日は何の日?

こんばんは スマイリーです。

訪問いただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチっとご協力をお願いします。
↓ ↓ ↓

日本史ランキング

天文4年12月5日(1535年12月29日)は松平清康の命日です。

松平清康(まつだいら きよやす)とは?

永正8年9月7日(1511年9月28日)第6代当主・松平信忠(まつだいら のぶただ)の嫡男として、三河国(みかわのくに 愛知県東部)で生まれます。

徳川家康(とくがわ いえやす)の祖父にあたります。

とは言え、24歳で亡くなっているので、おじいさん感はないですが。

幼名は竹千代。松平氏は4代親忠(ちかただ)の頃から竹千代を名乗っています。

父・信忠は凡将だったようで、一族・家臣ををまとめ上げられず、混乱していました。

大永3年(1523年)に隠居していた祖父・長親(ながちか)や一門が信忠を隠居させ清康に家督を継承させます。

この時、まだ13歳ではありましたが、2年後の大永5年(1525年)には足助城を攻略して降伏させます。

大永6年(1526年)には岡崎松平家の山中城を攻撃し、松平昌安(まつだいら まさやす)を屈服させると、その本拠地・旧岡崎城を破壊し、移転して新岡崎城を居城とします。

岡崎に城下町を作り、松平家の菩提寺であった大樹寺(だいじゅじ)を勅願時(ちょくがんじ)化させたり、六所神社(ろくしょじんじゃ)を創建したりしています。

               清康の墓がある菩提寺の大樹寺

 

 

勅願時

時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のこと。

 

 

因みに、大樹とは征夷大将軍の唐名で、松平氏から将軍が誕生するようにと祈願して命名され、家康の時代にやっと実現したわけです。

この頃清康は、清和源氏の1つで新田氏一門の徳川氏の庶流・世良田氏を名乗っており、世良田次郎三郎とも称していました。

理由は松平氏を源氏とすることで、家格を上げようとした事、祖先の世良田頼氏(せらだ よりうじ)と言う人物がが三河守(みかわのかみ)であったため、三河の統一を目指す清康にとっては都合が良かった?ためです。

これが孫の家康も徳川氏を名乗るきっかけとなったと言われています。

叔父信定(のぶさだ)との確執

更に清康は三河統一を目指し、勢力を広げていきます。

享禄2年(1529年)尾島城(西尾市)を攻め、その一方、同年5月28日には東三河にも進出し、三河牧野氏の今橋城(吉田城)を攻め落とします。

そして吉田城の南の渥美郡田原に進軍すると、戸田氏を降伏させます。

この間に、菅沼氏・奥平氏・牧野氏など多くの東三河国人衆が従属を申し出ます。

但し、八名郡にあった宇利城の熊谷氏だけは服属を拒んだため、これを包囲し11月4日には攻め落としています。

こうして三河国統一を果たしました。

しかし、宇利城攻めの際、叔父である福釜松平家の親盛(ちかもり)を失っています。

宇利城大手門を攻めていた親盛でしたが、信定の救援が遅れた為に討死しています。(親盛と信定は兄弟の関係

親盛の死を惜しんだ清康は信定を罵倒してしまいます。

一説によると信定はこの事を酷く恨んだようです。

元々、信定は宗家に対して従順でなく、大永6年には守山城主の織田氏と縁戚を結んでいました。

森山(守山)崩れ

享禄3年(1530年)、清康は尾張国(おわりのくに 愛知県西部)に再出兵します。

岩崎城を落とし岩崎郷(日進市)を奪うと、品野城を落とし品野郷(瀬戸市)奪います。

そして勢いに乗った清康は斎藤道三(さいとう どうさん)と織田氏を挟撃するために尾張に大軍で進軍します。

天文4年(1535年)12月織田信秀(おだ のぶひで)の弟・信光(のぶみつ)が守る守山城を攻めます。

この最中の12月5日、大手門付近で家臣の阿部正豊(あべ まさとよ)に惨殺されます。享年25

きっかけは正豊の父・定吉(さだよし)が織田氏に内通していると噂からでした。

その噂を流したのが、叔父の信定だったという説があります。

陣中で清康の馬が暴れたのを勘違いした正豊が、清康が定吉を討ったものだと思いこんだためでした。

結局清康は即死し、清康を討った正豊もその場で殺されます。

そして主を失った松平軍は退却していきます。

その後、松平家は清康の子・広忠(ひろただ)が継ぎますが幼少であり、信定に岡崎城を追放されます。

折角統一した三河も国衆たちが自立の動きを見せた為、それに対抗するため松平家も今川氏の勢力下に入ってしまい、再統一するのは永禄9年(1566年)の家康の時代であり、清康の死後から30年がかかってしまいました。

松平清康の一生の本
↓  ↓  ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松平清康【電子書籍】[ 須崎正太郎 ]
価格:324円 (2019/12/4時点)

楽天で購入

 

The following two tabs change content below.

スマイリー

初めまして、スマイリーです。 現在は関東に住んでますが、九州から流れてきました。(笑) 好きなのは平安時代~戦国時代。出来ることなら、過去の世界を見てみたい。 自由になり、様々な土地に行って、歴史を感じたいです。 宜しくお願いします。
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました