下剋上の雄、美濃のマムシの無残な最期 ~斎藤道三~

今日は何の日?
Pocket

こんばんは。 スマイリーです。

訪問いただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチっとご協力をお願いします。
↓ ↓ ↓

日本史ランキング

 

今日は何の日?

1556年4月20日 斎藤道三、子の義龍との長良川の戦いで敗死する

斎藤道三とは? 斎藤道三(さいとう どうさん)/利政(としまさ)と言えば、戦国時代に下剋上(げこくじょう)で美濃国(みののくに 岐阜県南部)の大名まで成りあがった人物として、北条早雲(ほうじょう そううん)と共に有名ですね。

そのため美濃のマムシとも言われてます。

道三は、主人を変えるごとに名前が変わってます。

今までは、道三は一代で大名に登りつめた説が通説になっていました。

しかし、近年は道三の父と二代で登りつめた説が有力になってきています。

その根拠となるのが、1960年に発見された永禄3年(1560年)7月付の「六角承禎書写」というもので、近江国(おうみのくに 滋賀県)の大名、六角義賢(ろっかく よしかた)/承禎(じょうてい)が家臣にあてた文書で、斎藤氏について次の内容が書かれていました。

斎藤義龍(さいとう よしたつ)の祖父・新左衛門尉は京都の妙覚寺の僧で、西村を名乗り、美濃へ来て長井弥二郎に仕えた。

新左衛門尉は次第に頭角を現し、長井の名字を称するようになった。

義龍の父・左近大夫(道三)の代になると、惣領を討ち殺し、諸職を奪い取って、斎藤の名字を名乗った。

道三は義龍と義絶し、義龍は父の首を取った。

となっているそうです。

それによると、法蓮坊(ほうれんぼう)、松波庄五郎(まつなみ しょうごろう)、西村勘九郎正利(にしむら かんくろうまさとし)長井新左衛門尉(ながい しんざえもんのじょう)は父の名で、長井規秀(ながい のりひで)、斎藤利政が道三の名になりますね。

道三は事実上美濃の国守までなりましたが、守護ではありません。

守護は土岐氏が務めていました。

しかしその頃の美濃では家督相続が勃発していました。どこの国でも起こるパターンですね。

土岐氏は長男の政頼(まさより)と次男の頼芸(よりあき)との間でどちらが家督を継ぐか争っておりましたが、頼芸の信頼を得た道三は大永7年(1527年)8月家督相続に敗れた政頼を革手城に急襲して朝倉氏の越前国(えちぜんのくに 福井県)へ追いやり、頼芸の守護補任に大きく貢献します。

天文4年(1535年)になると、反撃の機をうかがっていた政頼の子・義純(よしずみ)が頼芸・道三と激突し、そこに朝倉氏、六角氏が加担したことにより美濃全体に戦火が広がります。

天文7年(1538年)に美濃の守護代・斎藤利良(さいとう としなが)が病死すると、その名跡を継ぎ、斎藤新九郎利政と名乗り、天文8年(1539年)には居城の稲葉山城を改築します。

美濃の国主へ

頼芸の信頼のあった道三ですが、天文10年(1541年)に頼芸の弟・頼満(よりみつ)の毒殺が契機になり、頼芸との対立が始まります。

一時は道三が窮地に陥りますが、天文11年(1542年)になると、頼芸の居城・大桑城を攻め、頼芸を尾張国(おわりのくに 愛知県西部)へと追放し事実上の美濃国主となります。

(この時に作られた落首があります。「主をきり 婿を殺すは身のおはり 昔はおさだ今は山城」

意味は、「主君や婿を殺すような荒業は身の破滅を招く。昔で言うと長田忠致(おさだ ただむね)、今で言うと美濃の斎藤利政だろう」ということです。

長田忠致は尾張の人で、主人である源義朝(みなもとの よしとも)を謀殺した人。斎藤道三は山城守利政と言っていました。

しかもこの落首を作った人、みのおはりと美濃尾張をかけていて、言葉の使い方が面白いですね。)

尾張で織田信秀(おだ のぶひで)の後援を得た頼芸は、今度は越前で朝倉孝景(あさくら たかかげ)の庇護を受けていた義純と手を結び、朝倉氏と織田氏の援助を受け美濃に侵攻します。

その結果、頼芸は揖斐北方城に入り、頼純は革手城に復帰しました。

天文16年(1547年)9月、織田信秀が大規模な稲葉山城攻めを仕掛けますが、道三は籠城戦で織田軍を壊滅寸前にまで追い込みます。(加納口の戦い/井ノ口の戦い)

同年11月には義純も死去します。(これには道三による毒殺説もあります。しかも、義純の妻は道三の娘・濃姫/帰蝶なのにです。)

この状況下で道三は織田信秀と和睦し、天文17年(1548年)に帰蝶を信秀の嫡子信長(のぶなが)に嫁がせます。

(信秀が死に信長が継ぐと、道三は聖徳寺で会見しますが、「うつけ者」と評されていた信長が、多数の鉄砲を護衛に装備させ正装で訪れたことに大変驚き、信長を評価することとなります。

このシーンは有名で、NHKの大河ドラマ麒麟がくるでも放送されてましたね。)

この和睦によって道三は織田家の後援を得て反対勢力を滅ぼし、天文21年(1552年)には頼芸を再び尾張に追放し美濃を平定します。

道三の最期

こうして何とか美濃を平定した道三でしたが、天文23年(1554年)には息子の義龍に家督を譲り、常在寺で出家し鷺山城に隠居します。

                  常在寺

これは自発的でなく、家臣により強制的に隠居させられたようです。

しかし道三は義龍を無能と評価しており、弟の孫四郎(まごしろう)喜平次(きへいじ)を偏愛し、義龍の廃嫡を考えたとされています。

道三と義龍の仲は悪化し、弘治元年(1555年)に弟たちをおびき出し謀殺し、道三に対して挙兵します。

これを知った道三は仰天し大桑城へ逃走します。

道三の今までの経緯から、道三へ味方しようとする者は少なく、弘治2年(1556年)4月、義龍軍と長良川で戦いますが、義龍軍17,500に対し、道三軍は2,500と圧倒的に不利でした。

信長が援軍に駆けつけますが、間に合わず戦死します。享年63

戦死する直前には、美濃を信長に譲り渡すという遺言書が信長に渡され、京都の妙覚寺、大阪城天守閣に書状が現存しています。

また、無能と評していた義龍の采配を見て、その評価を改め後悔したとのことです。

道三は首を討たれた際、鼻をそがれるなど悲惨な最期でした。

しかし、義龍についた旧臣によって道三塚に手厚く葬られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国人物伝 斎藤道三 (コミック版 日本の歴史 73) [ 加来 耕三 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/4/20時点)

楽天で購入

 

The following two tabs change content below.

スマイリー

初めまして、スマイリーです。 現在は関東に住んでますが、九州から流れてきました。(笑) 好きなのは平安時代~戦国時代。出来ることなら、過去の世界を見てみたい。 自由になり、様々な土地に行って、歴史を感じたいです。 宜しくお願いします。
広告

コメント

  1. セフィママ より:

    スマイリーさん、司馬遼太郎の国盗物語に出てくる道三、マンガの本宮ひろしの道三読むと、道三ファンになります(^^)
    スマイリーさんの道三も良かったです!

    • スマイリー より:

      セフィママさん ありがとうございます。
      セフィママさんの本好きにはいつも驚かされます。
      一体どれだけの本を読まれてるのですか?

  2. Sako Kura より:

    スマイリーさん、斎藤道三は大河でも、色々な形で出現しますが、スマイリーさんのはとてもわかりやすかったです。

    • スマイリー より:

      Sakoさん
      読んでいただきありがとうございます。コメントをいただき、益々書いていきたい気持ちが強まりました。

タイトルとURLをコピーしました